トー調整2020/03/15 16:22:59

作業前のトー角を計ったら計算上、左右それぞれ3.2°のアウト角になっていた。タイロッドのねじ山が見える長さは左26.0mm、右21.7mmだった。差分4.3mmは大きすぎる。
前オーナが、右のキャンバー用偏芯カムをネガティブ一杯にしてしまい右トーインになったのを左のタイロッドを伸ばして強引にまっすぐ走るように調整したためかもしれない。
何度か調整を繰り返し、見た目にまっすぐにした。調整後、トー角を計ったら計算上、左右それぞれ0.28°のイン角になった。タイロッドのねじ山部は左29.85mm、右31.00mmだった。差分1.15mmなので素人作業としては大成功。(注)測定精度も素人作業
ハンドルも右にずれていたのでまっすぐに調整した。
ついでにリアトー角も計ったら計算上、左右それぞれ0.03°のイン角だった。なのでリアは調整作業無し。
作業後の試運転では直進安定性が向上し運転しやすくなった。また、道路の凹凸からくる振動もかなり改善された気がする。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://firewall.asablo.jp/blog/2020/03/15/9224593/tb